一般社団法人香川経済同友会について
(平成29年6月 更新)

経済同友会とは?

 終戦直後の昭和21年に、日本経済の堅実な再建のために、当時40歳代の経営者が結集して東京で設立されたのがはじまりで、現在全国に44の経済同友会があり、それぞれ主体性をもって活動しています。経済同友会の特徴は、経済人が一企業や特定業種の利害を超えて、自由で責任ある立場で参加し、自主独立の精神をもって自由闊達な提言・主張を展開していることです。これらは、自らの経営に生かされるとともに、「提言」という形で社会に対して大きな影響を与えています。


香川経済同友会とは?

 平成元年11月、地元経済人有志の熱意により発足。「開かれた行動する政策集団」として、経済問題のみならず、よりよい香川をつくるための提言活動を積極的に行っています。昨今、数ある経済団体の在り方が問われる中、県域に根ざす経済人が個人の立場で参画する当会は、会員相互の自由闊達な討議が行われる、魅力あふれる個性ある会となっています。


香川経済同友会の概要

1.設立 平成元年11月28日 全国で38番目の経済同友会として設立。
2.社団法人化 平成4年5月6日
平成24年4月1日より一般社団法人へ移行
3.現在の会員数 333名 (平成29年6月1日現在)
代表幹事 (2名)
 ・竹内 麗子 (泣宴Cブハウジング 専務)  ・矢野 年紀 (四国興業梶@社長)
副代表幹事 (12名)
 ・加藤 宏一郎 (叶」戸内海放送 社長)  ・合田 耕三 (轄田不動産 社長)
 ・中條 博之 (香川証券 社長)  ・西川 隆治 (兜S十四銀行 常務)
 ・蓮井 明博 (高松信用金庫 理事長)  ・本田 展稔 (皆UJIDAN 社長)
 ・槙田 實 (潟}キタ 会長)  ・間島 賢治 (潟Iリコ 社長)
 ・松村 英幹 (高松商運 社長)  ・三矢 昌洋 (滑代美山荘 会長)
 ・宮内 義憲 (四国電力 副社長)  ・宮本 吉朗 (潟Aムロン 会長)
監事 (2名)
 ・勝丸 千晶 (公認会計士石川豊事務所 公認会計士)  ・白薊 敬三 (轄$銀行 取締役営業店統括部長)
特別幹事 (5名)
 ・乾 篤之 (大豊産業 社長)  ・十川 道信 (四国鉄道機械 顧問)
 ・多田野 榮 (潟^ダノ 名誉顧問)  ・牟禮 昌忠 (潟レコミュニケーションズ 社長)
 ・森田 紘一 (轄田工務店 社長)
専務理事 (1名)
 ・大谷 誠一 (香川経済同友会 事務局長)  
常任幹事 (55名)
幹事   (77名)
一般会員 (179名)
 
4.組織 @会員総会 A理事会 B正副代表幹事会 C幹事会 D委員会
 
5.委員会一覧 (現在、下記16委員会)
・会務執行委員会
 総務会員委員会 委員長 久保 智彦 (日産プリンス香川販売 社長)
  (会員交流部会) 部会長 大竹 哲朗 (潟Iオタケ 社長)
 広報委員会 委員長 徳永 浩 (西日本放送 執行役員)
・政策検討委員会
 国際委員会 委員長 樽見 雅幸 (住友商事 四国支店長)
 情報化委員会 委員長 広門 治 (劾TTドコモ 四国支社長)
 流通・物流委員会 委員長 松村 英幹 (高松商運 社長)
 文化委員会 委員長 松浦 玲子 (総合福祉サービス 社長)
 観光・交通委員会 委員長 中野 吉貫 (潟iカノヤ 社長)
 産学官交流委員会 委員長 澤田 佳孝 (且l国総合研究所 社長)
 広域環境委員会 委員長 宮内 義憲 (四国電力 副社長)
 地域主権委員会 委員長 神余 智夫 (叶エ和設計事務所 社長)
 地域振興財政委員会 委員長 原 幸宏 (鞄本政策投資銀行 四国支店長)
 未来ビジョン委員会 委員長 三谷 朋幹 (丸善工業 社長)
・特別委員会
 遍路文化調査特別委員会 委員長 間島 賢治 (潟Iリコ 社長)
 瀬戸内海ルネッサンス特別委員会 委員長 井上 秀美 (北浜alley 代表取締役)
 四国新幹線導入推進特別委員会 委員長 十川 道信 (四国鉄道機械 顧問)
・合同委員会
 瀬戸内国際芸術祭・合同委員会 委員長 中野 吉貫 (潟iカノヤ 社長)
      ※文化委員会、観光・交通委員会、瀬戸内海ルネッサンス特別委員会による合同委員会
 
・第26回四国地区経済同友会交流懇談会実行委員会 委員長 宮本 吉朗 (潟Aムロン 会長)
       
6.その他活動
  講演会
  経済の調査研究・提言活動
  全国経済同友会震災復興部会への参加
  地方分権・道州制に関する会議
  産学官連携による取り組み 
(インターンシップの実施等)
  他同友会との連携・交流活動 (全国経済同友会セミナー等、年6回程度)
  地域交流活動
  会報の発行 

トップページに戻る