− 新代表幹事に川村延廣氏が就任 −
平成24年度通常総会 開催

 平成24年5月29日(火)、平成24年度通常総会を、総会構成者数373名中、310名(うち委任状174名)が出席のもとJRホテルクレメント高松にて開催した。乾 篤之代表幹事(大豊産業梶@社長)の議長により、決議事項2件が上程、満場一致で可決された。また、報告事項3件についても全会一致で了承された。
 この後別室にて開かれた理事会で、乾代表幹事が再任、および川村延廣氏(兜S十四銀行 取締役)が新任の代表幹事に選任され、再開後の総会会場で報告がなされた。
 続いて、松田清宏特別幹事(四国旅客鉄道梶@会長)より代表幹事退任の挨拶、川村代表幹事より新任の挨拶が行われ、24年度新体制がスタートした。
 副代表幹事には、新たに中條 博之氏(香川証券梶@専務)が選任された。
 また、平成24年度事業計画では、「被災地三県(岩手・福島・宮城)への支援」、「地域主権の推進」、「香川県の安心・安全」、「観光」、「インフラ整備の推進」、「四国遍路の世界遺産登録に向けて」、「人材の育成」の7つの具体的活動を掲げた。
 総会終了後、鰹Z生活グループ 取締役代表執行役社長兼CEO 藤森義明氏((公社)経済同友会 副代表幹事)より、「私の実践する新・日本流経営〜内外企業での経験〜」と題して記念講演が行われた。

通常総会 会場風景 左より乾代表幹事、        
松田特別幹事、川村新代表幹事
記念講演講師 藤森義明氏



平成24年度第1回幹事会 開催

 平成24年4月26日(水)、サンポートホール高松61会議室にて、平成24年度第1回幹事会を開催した。幹事会構成者数156名中、松田清宏代表幹事以下135名(うち委任状73名)が出席し、松田代表幹事が議長となり、平成24年度通常総会提出議案について審議され、承認を得た。そして、報告事項の「平成24年度事業計画報告の件」では、例年通り各委員会委員長らが委員会活動方針の発表を行った。
 また、幹事会に先立ち、香川県知事 浜田恵造氏より「せとうち田園都市の創造」と題する講演が行われ、当会会員96名が熱心に聴講した。

講師 浜田恵造氏 幹事会 会場風景



トップページに戻る