トピックス

講演会「小豆島の地酒を世界へ」開催

投稿日:2018.6.12

 平成30612()、国際委員会では、㈱森國酒造 代表取締役 池田亜紀氏を講師に招き、講演会をリーガホテルゼスト高松にて開催し、会員等60名が参加した。

【講演要旨】 ~共催:香川EU協会~
 私は高松市内で6代続いた老舗の酒蔵を営む家で生まれた。工場周辺の環境と時代の変化に市内での操業が難しくなり一度は蔵を閉めたが、平成17年、酒造りを諦めなかった父と森國社長(当時)が、酒造りに一番大事な水が良いところを探して、名水 星ケ城山の湧水がある小豆島の現在の地に森國酒造を新たに設立、翌年より創業を開始。
 平成21年に社長を引き継いだが、新しい酒蔵でネームバリューも販路も無く、全国的にも極少の酒蔵で、若者や女性を主なターゲットとした森國のお酒は酒屋さんになかなか理解されず、初めは全く売れずに苦労した。しかし新たな販路(通販・雑貨店・海外)を開拓し、新しい蔵だからこそできる事を模索するとともに、人の繋がりを大事に小豆島の為にお手伝いできることを、地酒の意味を追求していくことで島の方に認めて頂く努力をしている。そして「世界中の方に小豆島の地酒を呑んで頂きたい」との強い想いで、以下の新しいビジネスモデルに取り組み、フランスはじめ世界各国への進出を図っている。

フォレスト酒蔵森國ギャラリー(CAFE)

  • 杜氏の手作業による本物の酒造りに取り組む小豆島の酒蔵が、酒造メーカーの枠を飛び越えて、CAFEBAKARY等を運営し、酒蔵の特徴を生かし、小豆島の風土や景色と一緒に地酒を小豆島より発信し、国内外の旅行者を誘引している。
  • 棚田にて地元の協力者と地元の酒米(小豆島産 オオセト)を作付けし、島の地酒を美しい島小豆島から発信している。
  • 地域の農家・シェフと連携することで島の中での「食の循環」を創出し、小さな連鎖をいくつもつくり、旅行者、移住者、アーティストと連携することで島の内外での「人の循環」を創出する。