トピックス

第2回 四国・関西経済同友会合同懇談会

投稿日:2018.8.3

 平成30年8月3日(金)今回で第2回目となる「四国・関西経済同友会合同懇談会」が、(一社)関西経済同友会会議室において開催された。四国からは四県経済同友会の代表幹事、委員長ほか16名、関西経済同友会からは、黒田、池田両代表幹事をはじめ、坂井委員長ほか関西広域インフラ委員会のメンバーを中心に40名が参加して、意見交換を行った。

長戸副委員長

 第1テーマは、前回に引き続き「四国新幹線構想について」と題して、当会の四国新幹線導入推進特別委員会の長戸副委員長より説明。新大阪駅への新線(リニア、北陸新幹線等)乗り入れ計画をはじめ直近の情報に基づいた現状報告と四国新幹線が関西圏はもとより西日本全体に大きな効果をもたらすことをアピールした。
 第2テーマは、「クルーズ船誘致の現状と課題」として四国地区の各経済同友会より、県ごとの現状と課題について報告した。
 各テーマともに活発な意見交換があり、特に四国新幹線については関西経済同友会として引き続き積極的に応援していく旨の発言があった。また、四国側も域内の連携をより一層強化して、力をあわせて推進していくべきとの助言もあり、有意義な懇談会となった。