トピックス

四国遍路世界遺産登録推進協議会 シンボルマークデザインコンテスト選考委員会を開催

投稿日:2022.1.21

 令和4年1月21日(金)四国遍路世界遺産登録推進協議会「普及啓発部会」(香川経済同友会事務局)は、協議会のシンボルマークデザインコンテスト選考会を開催した。コンテストは昨年11月から開催していたもので、四国遍路の多様で広がりのある文化の重要性が分かるように、札所や遍路道だけではなくお接待などの無形的な価値や巡礼を支える地域社会とのつながりなどをイメージできるように、令和3年4月に協議会名を「四国遍路世界遺産登録推進協議会」に改称したことや 、多くの皆様に四国遍路のすばらしさやお遍路さんと地域の人たちの交流や、四国がひとつになって取り組んでいる活動を知っていただくことを目的に協議会の新たなシンボルマークを募集したもの。
 全国から496点の応募があり、遍路やロゴマークの専門家などで構成された選考委員会のメンバーらが、その中から協議により5作品を選抜した。この5作品については、今後四国遍路世界遺産登録推進協議会の構成員による投票を行い、推進協議会で最優秀賞1点、優秀賞2点を決定する。最優秀賞に選ばれた作品は、3月下旬に推進協議会のHPで公表され、のぼりやポスター、チラシなどに掲載して四国遍路の普及啓発活動に使われる。