トピックス

第3回流通・物流委員会「㈱日通総合研究所リサーチフェロー田坂幹雄氏講演会」

投稿日:2018.10.24

㈱日通総合研究所リサーチフェロー 田阪 幹雄

平成30年10月24日(水)、第3回流通・物流委員会として、高松商工会議所交通運輸部会主催の講演会「㈱日通総合研究所リサーチフェロー田坂幹雄氏講演会」に参加した。演題は「最新テクノロジーと物流の進展について ~グローバルな視点から~」と題し、今後の物流への導入が予想される技術例として人口知能、ロボット、ソフトウェア、自動搬送技術等について実際の動画も交えてご説明いただいた。
 また、日本の物流業界が解決しなければならない諸課題として、
1.他産業並みの労働条件で、特に「新卒者や若年層」、また「女性高齢者」の職業選択の選択肢にあ
 る魅力ある業種への改善・転換
2.少人数でこなせる物流の仕組みづくり(省力化・機械化・システム化)
3.「新卒者」の一斉採用に拘らない、専門家の中途採用・通年採用の積極的な推進
4.物流事業への正しい理解に向けたPRやイメージアップ方策の実施
5.その他直面する問題への対応
 についてもご説明いただき、「物流とは、時間的隔たり、空間的隔たりをなくすための手段であり、この隔たりを極力ゼロにするために、次に何が起こるかを考え、大量のデータを取得し、精度の高い予測技術で物流を極小化できる企業が生き残る。」と結んだ。