トピックス

第8回 四国新幹線に関する検討会(Web会議)開催

投稿日:2022.3.23

 令和4年3月23日(水)「四国新幹線に関する検討会」を開催。本検討会は、平成26年に四国4県経済同友会が四国新幹線推進のため設置したもので、今回で8回目となる。昨年に引き続き新型コロナウイルス感染症対策を考慮しWeb開催となり、計24名が各県同友会事務局よりオンラインで出席した。最初に、幹事である愛媛経済同友会 代表幹事 西川 義教 氏より四国新幹線への思いを込めた挨拶から始まり、続いて四国新幹線整備促進期成会代表事務局の石原 俊輔  氏から期成会の活動報告があった。
 期成会では、昨年度に引き続きコロナ禍によりシンポジウムや東京大会が開催できなかったものの、要望活動やオンライン講演会での普及啓発活動を実施したことや、四国アライアンス地域経済研究会との協同により「新幹線とまちづくり調査」を実施したこと、SNSを活用した若年層への情報発信は昨年度のtwitterに加えてYoutebeチャンネルを開設し期待以上の効果を上げていることなど、最近の取り組みについて紹介したほか、他地域の動向として長崎県の西九州新幹線の動向や、福井県での調査概要を紹介した。
 続いて各県経済同友会より2021年度の活動実績と2022年度の活動計画についてそれぞれ報告があり、香川経済同友会からは四国新幹線導入推進特別委員会委員長  長戸 正二  氏が、香川県の活動報告に加えて新幹線導入に向けた全国の動向についてもあわせて発表した。新幹線における全国の動向として、西九州新幹線の事例、北陸新幹線の事例などを紹介したほか、一般社団法人日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)国土・未来プロジェクト研究会で四国新幹線が大きく取り上げられたことなどを紹介した。
 その後、各県で意見交換を交わしたのちに愛媛経済同友会  インフラ整備委員会  委員長  武内  英治  氏の挨拶で締めくくった。4県同友会の新幹線導入にむけての機運を高め、より一層の連携を深めることができた非常に有意義な検討会となった。