トピックス

香川県教育委員会との連携協定による出前授業を開始

投稿日:2022.4.22

 人材育成委員会では、令和4年4月22日(金)、坂出高校の1年生約210名の生徒を対象に出前授業を実施した。これは、3月25日(金)に香川県教育委員会との間で連携協定を締結したことを受けて実施するもの。具体的な取り組みの第一弾となる今回の出前授業では、「総合的な探求の時間」を活用し、富士建設株式会社 代表取締役 真鍋有紀子(まなべゆきこ)氏を講師にお迎えし、「これからの社会 ~地元企業の目から見た「仕事」の選び方~」と題してご講演いただいた。

 真鍋氏からは、冒頭の自己紹介に続き、高校生が今後の進路選択を行う際に重要となる視点、さらには将来社会に出て「仕事」をするとはどういうことなのかについて、クラウドファンディングサイト「FAAVO香川」の立ち上げなど、ご自身の経験談を交えながらわかりやすくお話いただいた。全体を通して、高校生の時にどのような意識を持ち、何をすべきかを考えるにあたっての示唆に富む内容であった。

地元の企業経営者である真鍋氏の講話に、生徒の皆さんは食い入るように耳を傾けていた。特に、閉塞感を打ち破るのに必要な3つのこととして、「①動いてみる、➁人に会ってみる、③事実を並べてみる、そして、ここから得たものを『自分の視点で』切り取り、組み立てること」を挙げられた際には、多くの生徒が一斉にメモを取りはじめるなど、自らの将来を真剣に考える姿が印象的であった。

 当会としては、引き続き、こうした高校生を対象とした出前授業の実施をはじめ、大学進学前の早い段階から地域の課題や地元の産業・企業を知る機会を設ける活動を通じて、将来、地元地域とかかわりを持って活躍する人材の育成に資するよう取り組んでいくこととしている。

講師:富士建設(株)代表取締役 真鍋氏