トピックス

令和4年度通常総会 開催  ~木内・佐藤 新体制スタート~

投稿日:2022.5.31

 令和4年5月31日(火)JRホテルクレメント高松において令和4年度通常総会を開催した。新型コロナウィルス感染症のため3年ぶりの通常開催となった。出席総数は271名(会場90名、委任状181名うちオンライン参加24名)となった。

 総会ではまず木内代表幹事が挨拶に立ち、「デジタル化の推進」、「ダイバーシティの推進」、「四国広域連携」、「SDGsを学びから実行へ」と本年度の活動の大きな柱を4つ掲げ、今後各諸団体と連携して次世代の人が希望を持てる地元香川の再生に貢献していくと述べた。続いて、監事を代表して高橋監事より監査報告があり、議事を開始した。「令和3年度事業報告」ならびに「令和3年度計算書類」を審議、原案の通り承認した。また「役員選任の件」を審議、任期満了となる間島代表幹事の後任に佐藤哲也 氏(株式会社久本酒店 代表取締役社長)が選任された。次に「令和4年度事業計画書」と「令和4年度予算書」が報告・承認され、すべての議案審議は終了した。これにより、木内照朗・佐藤哲也 両代表幹事による令和4年度の新体制がスタートした。その後、新旧代表幹事より就任・退任の挨拶があり、総会は終了した。 
 総会後の記念講演会では公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 理事副事務総長 櫟 真夏(いちのき  まなつ)氏より「大阪・関西万博の最新動向と多様な参加方法について」をテーマに万博の歴史からはじまり、2025年開催予定の関西・大阪万博の概要、参加方法等また万博を利用した観光誘客についてご講演いただいた。講演後、木内代表幹事より2025年には瀬戸内国際芸術祭も開催される予定であり、大阪関西万博とともに瀬戸内を盛り上げていきたいとお礼の挨拶があり、講演会は終了した。その後、場所を移して会員懇親会を開催した。会員懇親会では香川県 浜田知事の祝辞に続き、木内代表幹事の乾杯の挨拶で会が始まり、記念講演講師 櫟氏も参加され交流・懇談の輪が広がった。その後、当日代表幹事に就任した佐藤哲也氏が中締めの挨拶を行い、会員懇親会は盛会のうちにお開きとなった。