トピックス

第3回未来ビジョン委員会「今年度の提言の方向性について」ランチミーティング開催

投稿日:2019.1.25

ランチミーティングの様子

平成31年1月25日(金)、第3回未来ビジョン委員会は、「今年度の提言の方向性について」リーガホテルゼスト「時香」にてランチミーティングを開催した。冒頭に当会会員である㈲CONERI 代表取締役 人見 訓嘉氏から今年度の提言の方向性として「社会経済情勢の変化を前提とした持続的発展をめざす取り組みの提案~県内事業者におけるデザイン思考の活用促進をめざして~」について説明があった。人見氏によれば、「デザイン思考という言葉は狭義の意味での“意匠デザイン”と混同されてしまっており、正しい理解がなされておらず、その活用が進んでいない。デザインという概念(思い込み)は時代によって変わってきており、現在、デザイン思考とはイノベーションを推進するアプローチであり、総合的な問題解決のアプローチである。デザイン思考を活用した事業者の業績向上が経済の持続的発展に繋がることを軸に提言したい」との話があった。
参加者からは、「“デザイン思考”について本日の説明を聞いて理解はできたが、これを提言とし、一般の方に広く浸透させるにはもっとわかりやすくまとめる必要がある。それほど我々の生活には“デザイン”という言葉は“意匠デザイン”の認識が強くなっている。提言作成に向けて、具体的にデザイン思考を取り入れている企業を訪問し、成功事例等も加えた提言の内容にしていくべきである。」等の話合いが行われた。