トピックス

第3回産学官交流委員会「平成30年度香川大学創造工学部“PBL手法による授業”成果発表会」

投稿日:2019.3.1

PBL成果発表会の様子

平成31年3月1日(金)、第3回産学官交流委員会として「平成30年度香川大学創造工学部“PBL手法による授業”成果発表会」に参加した。PBL手法とはProject Based Learningの略称であり、企業が実際に抱える課題に対して学生が問題点を見出し、企業側に問題解決策を提案するプログラムであり、実社会において問題解決能力の高い人材育成を目的としている。
発表会を主催した創造工学部の荒川教授からは、「PBL手法による授業(インターンシップ)経験者が地元企業に就職している実績もあり、引続き、本授業については継続していきたい。」との挨拶があった。また発表会後の学生との交流会では、参加学生より「企業側との連携がうまくいかなかったときもあり、企業の方に迷惑をかけてしまったこともあったが、助けていただきながら、貴重な経験ができた。今後の自分の経験に役立てたい。」との声もあり、企業と学生の双方にとって非常に有意義な時間となっていることを改めて認識した。

協力企業名 研究テーマ
株式会社 カナック 建設業のイメージ改善の取り組み
株式会社 松浦唐立軒 松浦唐立軒におけるピッキング作業の効率化
穴吹エンタープライズ 株式会社 明日のトマルの普通
株式会社 フソウ 学生目線にたった企業知名度向上方法の提案
一般財団法人 四国電気保安協会 IoTを用いた電気設備の監視及び保全手法の提案
丸善工業 株式会社 データ検索システムを用いた社内データの整理