トピックス

第5回「四国新幹線に関する検討会」in高知

投稿日:2019.3.25

平成31年3月25日(月)「四国新幹線に関する検討会」が、本年は土佐経済同友会が幹事となり高知市で開催された。本検討会は、平成26年に四国4県経済同友会が四国新幹線推進のため設置したもので、今回で5回目となる。最初に、幹事である土佐経済同友会の弥勒美彦代表幹事より歓迎と四国新幹線への思いを込めた挨拶から始まり、四国経済連合会の石原俊輔専務理事から「四国新幹線に関する最近の動き」について報告があった。続いて香川からは四国新幹線導入推進特別委員会の十川委員長、長戸副委員長からの詳細な状況説明のあと、土佐の四国新幹線導入促進委員会三谷委員長、徳島の島事務局長、愛媛のインフラ整備委員会武内委員長からそれぞれ活動情報報告があった。その後意見交換を実施、「四国新幹線は北陸やリニアの新大阪への延伸開業想定である2037年以降の着工でなく、それに合わせた開業を目指すべき」や、「これからは、四国新幹線の開業を前提とした各県の新駅構想や、まちづくり計画に着手すべき」との前向きの意見があり活発な議論が展開された。