トピックス

第6回西日本経済同友会代表者会議in大阪

投稿日:2019.7.18

2019年7月18日(木)第6回西日本経済同友会代表者会議(関西経済同友会主催)が、西日本地区の経済同友会代表者等46名参加のもと大阪市内で開催された。

夢洲全景

午前中は、2025年大阪・関西万博の会場となる夢洲埋立地の現地視察があり、その規模を実感するとともに進捗状況のレクチャーを受け理解を深めた。
午後からは、大阪駅に隣接したラグーナヴェールプレミアにて西日本経済同友会代表者会議が開催された。
今回は①子どもの貧困に対する経済界のかかわり②大阪・関西万博の概要と各地からの期待の2つのテーマで討議が実施された。特に「子どもの貧困」に関する討議では、最初に関西経済同友会子どもの未来委員会宮川委員長(2018年度)から提言「子どもの未来は日本の未来~自己肯定感を高め、貧困の連鎖を断ち切る~」の説明があった後、香川経済同友会からは宮本代表幹事が、2018年浜田県知事に提出した「子どもの貧困について」の提言内容ならびに現状等について発表した。「子どもの貧困」に関しては、まだ取組んでいる経済同友会も少なく、今後SDGsと関連して取り組むべきテーマとして活発な討議が行われた。
続いて2025年日本国際博覧会協会の櫟(いちのき)副事務総長より「大阪・関西万博の概要」について詳細説明があり、各地同友会からは大阪・関西万博開催に向けた期待や協力方法等の意見があった。

「子どもの貧困」について発表する宮本代表幹事