トピックス

第1回環境エネルギー委員会「川崎重工業㈱ 水素エネルギーサプライチェーン」視察

投稿日:2019.7.22

令和元年7月22日(月)、第1回環境エネルギー委員会として、川崎重工業㈱播磨工場と神戸空港島サプライチェーン基地を視察した。まず、一行は川崎重工業㈱播磨工場を訪れ、関西支社副支社長である河盛様よりご挨拶いただいた。その後、「国際水素サプライチェーン構築への取組」と題し、水素エネルギー利用推進課長の千代様より水素利用への動きや水素サプライチェーンのコンセプト、水素インフラ技術等についてご説明いただいた。説明後、参加者より安全面の問題について質問があり、地域住民との共存を図っていくためには地道な説明が必要であることが述べられた。昼食後、一行は同敷地内にある、水素技術実証センターと水素液化プラントを視察。安全面への配慮や、液化水素輸送コンテナの模型等を見学し、現状と将来的な取組について学んだ。播磨工場を出発した後、一行は神戸空港島サプライチェーン基地を訪れた。オーストラリアからの液化水素運搬船パイロット船の到着基地として建設中であり、将来の水素社会実現に向けた取り組みを学んだ。また神戸市エネルギー政策担当課長の南部様より同市の取組と補助事業についてご説明いただき、世界における水素エネルギーの動きはとても早く、早期実現に向けて、官民が一体となっていることを感じた。最後に視察にご協力いただいた、川崎重工業㈱様はじめ、関係各所の皆様には厚く御礼を申し上げたい。