トピックス

全国健康保険協会香川支部と「健康づくりの推進に向けた包括的連携に関する協定」を締結

投稿日:2018.1.25

 平成30年1月25日(木)、当会は、全国健康保険協会(協会けんぽ)香川支部と「健康づくりの推進に向けた包括的連携に関する協定」を締結し、「健康経営」の普及・促進を目指して連携して取り組んでいくこととした。「健康経営」とは、企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できるとの基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味している。(「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標)
従業員の健康管理・健康づくりの推進は、単に医療費という経費の節減のみならず、生産性の向上、従業員の創造性の向上、企業イメージの向上等の効果が得られ、かつ、企業におけるリスクマネジメントとしても重要である。
また香川経済同友会では、県外の大学へ出ていても、卒業後は香川県の企業で働きたいと思われるような環境づくりを進めるには、働きやすい企業であることがよく分かり社会からも認められる評価制度である「健康経営宣言と認定取得」の重要性にも着目し、平成30年度の事業計画にも取り入れていく方針である。