トピックス

第3回 四国・関西経済同友会意見交換会

投稿日:2019.10.17

令和元年10 月17 日(木)今回で第3 回目となる「四国・関西経済同友会意見交換会」が、(一社)関西経済同友会会議室において開催された。四国からは四県経済同友会の代表幹事、委員長ほか20名、関西経済同友会からは、池田、深野両代表幹事をはじめ、各委員長ほか24名が参加して、意見交換を行った。
 第1 テーマは、初回より継続している四国新幹線構想について、当会の四国新幹線導入推進特別委員会の長戸委員長、石原副委員長より説明した。四国新幹線への取組みと実現に向けての課題等について、最近の国の動き、新大阪駅への新線乗り入れ計画をはじめ直近の情報に基づいた報告をするとともに関西圏域との連携による経済効果等をアピールした。
 第2 テーマは、「四国への観光客誘致の取組み」として四国地区の各経済同友会より、各県ごとの現状と課題について報告した。また9月6日の四国地区経済同友会において採択された共同アピール「2025大阪・関西万博で四国遍路を発信」について、愛媛経済同友会の新山代表幹事から詳細説明があった。
 各テーマともに活発な意見交換があり、四国新幹線については、経済波及効果はもっと大きいのではないか、収益増加のために貨物も検討してはどうか等、多くの建設的な意見があり関西経済同友会としても引き続き積極的に応援していく旨の発言があった。また、観光についても、万博のみならずMICE・IR等の視点からも四国との連携をより一層強化し、力をあわせて推進していくべきとの助言もあり、有意義な懇談会となった。