トピックス

四国4県経済同友会と(公社)経済同友会幹部との懇談会in松山

投稿日:2019.11.25

2019年11月25日(月)松山市の古湧園において、櫻田謙悟代表幹事(本年4月就任)をはじめとする(公社)経済同友会の幹部と四国4県の経済同友会代表幹事が一堂に会して意見交換をした。冒頭櫻田代表幹事は、「四国4県はそれぞれの強みを認識して地方創生を実施している、これに東京や全国の同友会がもつ知恵と人脈を加えることができればより地域発展に寄与することができる」と挨拶。続いて(公社)経済同友会の地下誠二地方創生委員長より、地方創生委員会の取り組み等について説明があった。それに応えて四国4県経済同友会の各代表幹事より、地方創生に向けた各県の課題、各経済同友会による取り組み状況、首都圏・大都市圏の企業への要望・期待について発表があった。その後参加者による意見交換があり「若者の流出に関して、高校生が地元のことを知らなさすぎる、もっと地元のことを教育すべきである」「経済のみに着目するのではなく豊かさを測る新しい指標をつくれないか」「四国新幹線は大きな課題」「地元をよく知ってプライドを持つべき」「人手不足と事業承継について、地方も生産性向上が必要」等々多くの提言や意見があった。最後に、地方創生のためには「四国は4県のネットワークが大切」であり「四国はEUを参考に一つにまとまって取り組めばどうか」等の前向きの提案をいただき大変有意義な懇談会となった。