トピックス

第5回地方創生委員会 2020男女共同参画フォーラム「SDGsと女性エンパワーメント」に参加

投稿日:2020.1.18

2020.1.18(土)サンポートホールにて香川県主催の男女共同参画フォーラム「SDGsと女性エンパワーメント」が開催され、第5回地方創生委員会活動として当会からも29名の会員が参加した。オープニングコンサートで高松JAZZユニットによる演奏があり、当会代表幹事の宮本吉朗氏がベースを披露した。その後、香川県知事浜田恵造氏および、香川県各種女性団体協議会会長であり当会特別幹事の竹内麗子氏が開会挨拶を行った。

基調講演では一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク事務局長の新田英理子氏が「SDGsと女性エンパワーメント」と題して講演した。SDGsについての説明があり、持続可能な開発のための2030アジェンタや、重要な5つの要素(5P:People/Prosperity/Planet/Peace/Partnership)の他、主要原則(普遍性、包摂性、参画性、統合性、透明性と説明責任)や、持続可能性(サステナビリティの定義:持続可能な開発とは、次世代の人々のニーズを損なうことなく現在のニーズを満たすこと)などを詳しく解説した。「エンパーメントは能力開発と言われているが解釈すると、自分が考えていることや意見を人権を理解したうえで発信する力。教育や学びあいの場を通じて能力を上げていく力である。今回の講演をきっかけにSDGsを自分の言葉で語れるようになってエンパーメントにつなげてほしい」と話した。

その後のパネルディスカッションでは当会幹事の真鍋有紀子氏がコーディネータを務め、パネリストには代表幹事の宮本吉朗氏、㈱サンクラッドの馬場加奈子氏、NTTネオメイト本部長(前NTT西日本香川支店長)の西川宏幸氏、㈱Woriksの真鍋怜花氏が登壇。「だれ一人取り残さない社会を目指して」をテーマに、パネリスト達はそれぞれSDGsを踏まえた企業での取組などを発表した。