トピックス

第2回 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部とWEB会議開催

投稿日:2020.7.28

 令和2年7月28日(火) 地方創生委員会と技術革新委員会は内閣官房まち・ひと・しごと創生本部と第2回目のWEB会議を実施した。創生本部からは鎌田内閣審議官、野村参事官、松田参事官、遠藤企画官、藤田補佐、吉永主査 、仁昌寺主査、眞塚氏らが出席。香川経済同友会からは合田代表幹事、間島代表幹事、岡井地方創生委員長、三ヶ尻技術革新委員長、大谷専務が出席した。合田代表より7月6日に香川県と高松市に対して「With/Afterコロナ時代における地域創生テレワークの実現について」の提言を行い、香川県、高松市とも前向きに取り組む旨の回答があったことを報告した。また富山経済同友会、福井経済同友会も同様の提言に向けた動きが進んでいることや、ケーブルテレビ連盟の役員会社からも検討の価値があるとの前向きな反応があったことなど、経済界を中心に横の連携を強めていることを説明した。松田参事官からは「地方・東京・企業 働き手にとって三方メリットがあり、かつ地方創生に繋がるリモートワークの在り方について機運を醸成していきたい。香川経済同友会からは我々と同じ考えの力強い提言をお示し頂いた。」と述べられた。また山口県知事からも同様の内容の要望書が北村大臣に提出されたことなども紹介された。
その他、様々な積極的な意見交換が行われ、大変有意義なWEB会議となった。

また、当会の提言と同様の内容が「まち・ひと・しごと創生基本方針2020」内の柱の一つとして、「地方への移住・定着の推進-リモートワーク推進等による移住等の推進」という形で盛り込まれ7月17日に、閣議決定された。