トピックス

香川県知事との意見交換会に出席<合田代表幹事>

投稿日:2020.9.4

 令和2年9月4日(金)香川県庁にて「社会変革等を見据えた将来の香川県」に関する香川県知事と有識者の意見交換会が開催され、合田代表幹事をはじめ県内より5名が出席した。冒頭、浜田香川県知事より挨拶ならびに意見交換会の趣旨等の説明があった後、まず最初に合田代表幹事が次のような意見を述べた。今回コロナ禍で分かったこととして「国は頼りにならなかった(自分たちの地域は自分たちで守る)」「東京は3蜜、人口密度が高すぎ」「仕事はどこでもできる(テレワークで地方でも働きがいは創れる)」「若者は家族を大切にする」「行政部門のデジタル化が遅れている」を挙げ、これからの政策として「安全・安心かつ強靭な香川(危機管理に強い訓練のできた地域)」「デジタル化の進んだ香川」「グローバルな香川」「人を育てる香川」について提言した。続いて、百十四経済研究所 西川所長・日本政策投資銀行四国支店 岡井支店長・日本銀行高松支店 小牧支店長・香川大学 筧学長が将来の香川県について、観光振興や街づくり・人材育成等それぞれの視点より提言した。
 浜田知事は「皆様の意見をふまえて社会の変革に柔軟に対応しながら県政に取り組みたい」と答え、来年度中に策定する2025年度までの5年間の「次期総合計画」に反映させたいとした。