トピックス

高松大学・高松短期大学と連携協力に関する協定を締結

投稿日:2013.7.24

- 協定を締結 -
高松大学・高松短期大学と連携協力に関する協定を締結

 平成25年7月24日(水)、当会と高松大学・高松短期大学(高松市春日町)は、相互の連携協力に向けた協定を締結した。この日、同大学本館6階小会議室にて開かれた協定書の調印式には、大学より佃昌道学長、林守孝副学長、山本文雄事務局長が出席。当会は川村延廣代表幹事、前田宗一代表幹事、元山清専務理事事務局長が出席した。

 地域経済が自立した発展を遂げるには、多様化するニーズへの迅速な対応と人材育成が不可欠であり、そのためには産・学が互いに協力し、人的・知的資源を交流活用することが重要になる。

 協定締結後の具体的な活動内容としては、当会の会員による出前講座や学生のインターンシップの受け入れなどを想定しており、大学側には当会が行う調査・研究に協力いただくことで、より精緻かつ客観的裏付けを伴った提言づくりや意見発信に繋げたいと考えている。

 調印式では、川村・前田両代表幹事と佃学長が協定書にそれぞれ署名、捺印を行った後、川村代表幹事から「経済人としての発想や経験を学生の皆さんにご提供し、様々な価値観を体得していただきたい」と挨拶があった。佃学長は「協定締結により教育の質を深められる。経済界の皆さんとともに、香川を歩む学生を育てていきたい」と述べ、調印式は締めくくられた。

 なお、当会にとって大学との連携協定は、香川大学に次いで2校目となる。

右より山本事務局長、林副学長、佃学長、川村代表幹事、前田代表幹事、元山専務