特別委員会

令和元年度委員会活動計画

●四国新幹線導入推進特別委員会

  1. 活動基本方針

     新幹線整備は、地方創生の切り札とも言われており、少子高齢化の進展が著しい香川県においては、経済や観光の振興、さらには公共交通ネットワークの持続という観点から、早期の整備が求められる。
     一方、国の新幹線計画においては、全ての整備計画路線の整備完了時期も見えはじめ、次の新幹線整備を見据えた「幹線鉄道ネットワーク等のあり方に関する調査」が実施されるなど、大きな局面を迎えている。
     当委員会においては、関係機関と連携して、地域の機運の醸成を図り、一日も早い、四国新幹線の整備を目指していくこととする。

  2. 具体的活動内容
    (1) 引き続き、四国4経済同友会、関西経済同友会、岡山経済同友会と連携し、相互に新幹線整備のメリットを共有すべく活動に取り組む。
    (2) 各経済団体、行政機関、民間企業などと連携し、新幹線整備に向けての機運の醸成に努めていく。また、あらゆる機会を活用して、四国新幹線を全国発信していく。
    (3) 地域に新幹線整備を実感して頂くため、関係機関と連携して「新幹線が整備された場合の香川・高松の絵姿」等について、身近な地域の問題として新幹線を発信していく。